Javaエンジニアのスキルセット

プロフェッショナルJavaエンジニアのスキルセットとは

フリーランスJavaエンジニアがエージェントを使うときの注意点

年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意

年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意

忙しいフリーランスにとってエージェントはとても便利で助かる存在ですが、利用にあたってはいくつか注意すべき点があることも理解しておきましょう。

年齢の壁がある

Javaエンジニアにとって一番の壁となるのが年齢です。多くの案件で求められている年齢層は20代から30代のエンジニアで、中高年層のエンジニアはそもそもの選択肢が少ない状態です。エージェントによっては、50代以上のエンジニア案件は紹介が難しいと公言していることもあるほどです。この壁を乗り越えるには、スキルセットと経験を武器にするしかありません。次々に登場する新しい技術にも適応し、最新情報に対するアンテナを張っておきましょう。クライアントの要望に応えられる力をつけたエンジニアであれば、年齢の壁に関係なく活躍し続けることができます。

安定的に案件を獲得できるとは限らない

エージェントには、安定的に案件が獲得できる仕組みがあります。ただし、必ず案件が供給されるかどうかは別問題です。フリーランス側とクライアント側の条件がマッチすることが前提となるため、案件が何百何千とあったとしても、前提の段階をクリアできなければ案件がストップする可能性もあります。案件を安定的に獲得するためには、スキルの棚卸しをしっかりと行いつつ、選択肢を増やせるよう自分から行動することが大切です。条件を狭くすればするほど選択肢は減ってしまいます。足りないスキルを補いながらいろんな案件にチャレンジする気持ちを持つようにしましょう。

担当者によってはサービスの質が変わる可能性もある

エージェントとしての方針や実績には申し分なくても、担当者の力不足によってサービスに差が生じることがあります。各エージェントのやり方に沿ってサポートしてくれることは確かですが、担当者自身の資質によっては対応が雑になることもあるからです。ヒアリング力が乏しいために希望通りの案件があっても見つけ出せない担当者や連絡が滞りがちな担当者、とさまざまですが、担当者も1人の人間です。サービスの質に差が出てしまうのも仕方がない、と割り切るしかありません。
サービスの差が出てしまう原因として、膨大な数のクライアントとフリーランスがいるということが考えられます。担当者が多くの案件を抱えている状態だとひとつひとつの案件にかけられる時間も少なくなってしまいがちです。言い換えればそれほど多くの取引先から頼りにされているエージェントだということにもなりますが、少ない時間で提供されるサービスの質に満足できないこともあるでしょう。そのような場合でも的確なサポートを受けるためには、フリーランス側にも少しの工夫が必要です。希望条件やアピールポイントを簡潔明瞭にし、忙しい担当者が対応しやすいよう少しアシストするだけでも状況が全然変わります。

人気の記事はこちら!

  • 頼れる存在フリーランスエージェント

    フリーランスサポートを専門にしているエージェントはフリーランスのJavaエンジニアにとって頼りになる存在です。エージェントに案件探しや契約に関することを任せることで、時間をもっと有効に使えるようになります。

  • 開発に不可欠なフレームワークという存在

    フレームワークは、現在のシステム開発において必要不可欠な存在です。フレームワークがあることによって作業が大幅に効率化されるというメリットがある反面、効率化されすぎてエンジニアの技術力が育ちにくいというデメリットもあります。

  • Javaプログラマーのスキルセット

    Javaプログラマーのスキルセットに含めたいのが、Javaに関する知識やWebアプリ開発に必要な知識、データベースやフレームワークに関する知識です。応用力を強化するためにも、基礎部分はしっかりと構築しておきましょう。

FEATURE

  • 年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意
  • 頼れる存在フリーランスエージェント
  • 更なる高みを目指すためのツール!