Javaエンジニアのスキルセット

プロフェッショナルJavaエンジニアのスキルセットとは

職種別!フリーランスエンジニアのスキルセット

フリーランスの職種別スキルセット

フリーランスの職種別スキルセット

フリーランスに求められるスキルセットは、どのようなジャンルの仕事をするかによって方向性が分かれます。営業力やコミュニケーション力が求められるという点では共通していますが、選ぶジャンルによってキャリアの方向性が決まります。

サーバーエンジニアの場合

サーバーエンジニアに求められるのは、Linuxに関する知識です。若い会社員なら少しやってみたことがあるぐらいのレベルでも採用されることがありますが、フリーランスにはそれ以上のレベルを求められる可能性があります。とはいえ、エキスパートレベルまでいかなくてもできる仕事は意外とたくさんあります。「スキルセットがあります」と自己申告するだけでは説得力に欠けるので、スキルセットを証明する手段として資格を取得しておくことをおすすめします。現場での評価が高いのは、Linux関連の資格試験「LPIC」「RHCE」やWindows関連の資格試験「MCP」などです。サーバーエンジニアであれば、LinuxやWindowsまわりの知識は固めておきたいところです。資格がなくてもフリーランスの仕事はできますが、資格があったほうがクライアントからの信用を得やすくなるでしょう。

フロントエンドエンジニアの場合

Webアプリ開発系の案件をイメージしているなら、フロントエンドエンジニアに必要な「HTML・CSS・JavaScript」の3点セットが必要です。高度なスキルを持っていなくても、この3つのスキルで作れるような簡単なシステムの案件もあります。また、ExcelのVBAに関する案件もたくさんあります。簡単なシステム開発の案件は単価もそれなりであることが多いものですが、フリーランスになったばかりの人ならむしろ手がつけやすい案件でしょう。簡単な案件から徐々にステップアップしていけば、スキルアップに伴って高単価の案件にも取り組めるようになります。しっかり稼げるフロントエンドエンジニアになりたいなら、Java以外にもC言語やPHPのスキルを習得しておいたほうがいいでしょう。

ウェブデザイナーの場合

ウェブデザイナーに必要なスキルはWeb関連のスキルです。基本となるのはHTMLとCSSのスキルセットです。この2つのスキルがあれば受注できる案件も数多くあります。さらに、Photoshopを操ることができればデザインの幅をさらに広げることができるため、受注できる案件の幅も広がります。プログラマーほどのレベルではなくてもいいのですが、基本的なコーディングのスキルがあると何かと有利です。デザインには最新性を求められることも多いため、新しいソフトは扱えるようにしておきましょう。

人気の記事はこちら!

  • 頼れる存在フリーランスエージェント

    フリーランスサポートを専門にしているエージェントはフリーランスのJavaエンジニアにとって頼りになる存在です。エージェントに案件探しや契約に関することを任せることで、時間をもっと有効に使えるようになります。

  • 開発に不可欠なフレームワークという存在

    フレームワークは、現在のシステム開発において必要不可欠な存在です。フレームワークがあることによって作業が大幅に効率化されるというメリットがある反面、効率化されすぎてエンジニアの技術力が育ちにくいというデメリットもあります。

  • Javaプログラマーのスキルセット

    Javaプログラマーのスキルセットに含めたいのが、Javaに関する知識やWebアプリ開発に必要な知識、データベースやフレームワークに関する知識です。応用力を強化するためにも、基礎部分はしっかりと構築しておきましょう。

FEATURE

  • 年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意
  • 頼れる存在フリーランスエージェント
  • 更なる高みを目指すためのツール!