Javaエンジニアのスキルセット

プロフェッショナルJavaエンジニアのスキルセットとは

Javaエンジニアに求められる思考のスキルセット

思考を方向付けるマインドセット

思考を方向付けるマインドセット

Javaエンジニアがスキルセットと同時に意識したいのがマインドセットです。エンジニアが働く現場では、スキルセットと同じぐらいかそれ以上にマインドセットが求められる場合があります。

マインドセットとは

マインドセットとは、「行動に伴って何かを決定する際の思考のあり方」です。人が行動するときは無意識のうちに思考力が働いています。例えば、休日に何をするかを決めるとき、外出するか家にいるかの2つの選択肢について考えると思います。予算や天気、交通手段の有無など、決め手になる要素がどこになるかはその人によって異なるでしょう。ある人はお金がかかるから家で過ごそうと考えるかもしれませんし、ある人は外の空気を吸って気分転換したいと考えるかもしれません。外出するとしたら、公共交通機関を利用するか自動車を利用するか、徒歩や自転車にするかについても考えるはずです。
このように、人は思考と決断を繰り返しながら毎日行動しています。その中では善悪の判断やメリット・デメリットの判断も生じることでしょう。マインドセットは個人だけでなく組織や団体にもあるものです。会社などの組織にはそれぞれ風土のようなものがあり、同じ状況でも捉え方や考え方が異なるものです。ミスをひとつも許さない風土の企業と、ミスはミスとして受け入れつつ次につなげていこうとする風土の企業のマインドセットはまったく異なります。マインドセットは、仕事に対する意欲を大きく左右する重要な要素です。ひとつのミスに怯えるようなマインドセットだと保守的になってしまい、仕事にもその傾向が反映されてしまうでしょう。一方、ミスをしっかりと受け止め反省した上で、次にどう生かすかを考えられるようなマインドセットなら、さらに成長していくことができるはずです。

スキルセットとマインドセットの違い

エンジニアのスキルセットは、プログラミング言語をはじめとするITの知識や技術です。マインドセットはそのような専門力とは一切関係ない部分で、その人の個性や感情が強く反映されます。スキルセットさえあれば求められている業務はこなせるかもしれませんが、プロジェクトにはエンジニア以外にさまざまな役割の人が関わっています。その中でお互いの役割をしっかりと果たしつつ目的を達成するには、思考を上手にコントロールできるマインドセットが不可欠です。スキルセットが最低限のものであっても、マインドセットが魅力的なエンジニアは現場で重用される傾向があります。エンジニアとしてのスキルを高めていくと同時に、マインドセットにも気を配るようにしましょう。

人気の記事はこちら!

  • 頼れる存在フリーランスエージェント

    フリーランスサポートを専門にしているエージェントはフリーランスのJavaエンジニアにとって頼りになる存在です。エージェントに案件探しや契約に関することを任せることで、時間をもっと有効に使えるようになります。

  • 開発に不可欠なフレームワークという存在

    フレームワークは、現在のシステム開発において必要不可欠な存在です。フレームワークがあることによって作業が大幅に効率化されるというメリットがある反面、効率化されすぎてエンジニアの技術力が育ちにくいというデメリットもあります。

  • Javaプログラマーのスキルセット

    Javaプログラマーのスキルセットに含めたいのが、Javaに関する知識やWebアプリ開発に必要な知識、データベースやフレームワークに関する知識です。応用力を強化するためにも、基礎部分はしっかりと構築しておきましょう。

FEATURE

  • 年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意
  • 頼れる存在フリーランスエージェント
  • 更なる高みを目指すためのツール!