Javaエンジニアのスキルセット

プロフェッショナルJavaエンジニアのスキルセットとは

フレームワークはJavaエンジニアに不可欠なスキルセット

開発に不可欠なフレームワークという存在

開発に不可欠なフレームワークという存在

システム開発に携わるJavaエンジニアのスキルセットに不可欠な「フレームワーク」とはどのようなものなのでしょうか。

フレームワークとは

フレームワークを日本語にすると「枠組み」という意味になります。プログラミングの世界のフレームワークとは、途中までは完成しているソフトウェアのことです。フレームワークを利用すればシステム開発を1からスタートさせる必要がなくなり、完成までにかかる時間を大幅に短縮できるようになります。
フレームワークに含まれるのは、クラス、モジュール、ライブラリ、APIなどといった再利用が可能な機能や、そのまま活用できるテンプレート、機能を追加するための機能などです。ライブラリと混同されることがありますが、ライブラリとフレームワークの違いは、全体を制御する方法です。ライブラリの場合はエンジニアが制御のためのコードを記述しますが、フレームワーク全体を制御するのはフレームワーク内にすでにあるコードです。

フレームワークのメリット

フレームワークのメリットは、開発期間を大幅に短縮できることです。1から開発を行うのと途中から行うのとでは、かかるコストがまったく異なります。また、それぞれスキルや手法が異なる複数のエンジニアを集めたチームをまとめたい場合、フレームワークがあることでやり方を共有しやすくなります。フレームワークを中心にプロジェクトを進めていけば品質も安定するので、運用を開始してからの保守もやりやすくなります。フレームワークの仕組みについて深く理解していなくてもプログラムが書けるので、経験が浅いエンジニアが開発に加わりやすくなります。

フレームワークのデメリット

フレームワークのデメリットは、エンジニアのスキルアップを阻んでしまいかねないことです。システム開発を最大限に効率化するという点ではかなり優れているものの、フレームワークを使うシステム開発しか経験したことのないエンジニアは、いつも途中からの開発になり根本的な開発の部分には着手できません。フレームワークの細かい仕組みについて知らなくてもシステムが作れてしまうので、エンジニアとしての底力をつけることは難しくなってしまうでしょう。しかし、現実には多くの開発現場がフレームワークを活用しており、Javaエンジニアの求人でフレームワークを指定している場合も少なくありません。本来ならば1から開発できるスキルを実践で身につけたいところかもしれませんが、現実にはフレームワークなしに語れない状況なのです。エンジニアとしての底力をつけたいならば、フレームワークについての知識をできるだけ深くしつつ、1から開発できるスキルを独自に身につけていくことをおすすめします。

人気の記事はこちら!

  • 頼れる存在フリーランスエージェント

    フリーランスサポートを専門にしているエージェントはフリーランスのJavaエンジニアにとって頼りになる存在です。エージェントに案件探しや契約に関することを任せることで、時間をもっと有効に使えるようになります。

  • 開発に不可欠なフレームワークという存在

    フレームワークは、現在のシステム開発において必要不可欠な存在です。フレームワークがあることによって作業が大幅に効率化されるというメリットがある反面、効率化されすぎてエンジニアの技術力が育ちにくいというデメリットもあります。

  • Javaプログラマーのスキルセット

    Javaプログラマーのスキルセットに含めたいのが、Javaに関する知識やWebアプリ開発に必要な知識、データベースやフレームワークに関する知識です。応用力を強化するためにも、基礎部分はしっかりと構築しておきましょう。

FEATURE

  • 年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意
  • 頼れる存在フリーランスエージェント
  • 更なる高みを目指すためのツール!