Javaエンジニアのスキルセット

プロフェッショナルJavaエンジニアのスキルセットとは

Javaエンジニアのスキルセット!高みを目指すツールを加えよう

更なる高みを目指すためのツール!

更なる高みを目指すためのツール!

この記事では、Javaとの親和性が高いとされるプログラミング言語やその他のツールについてご紹介します。これらのツールの知識を入れておけば、Javaエンジニアとしての仕事の幅を広くしながら更なる高みを目指すことができるでしょう。

レベルアップを目指すなら

Javaのスキルセットのラインナップに欠かせないものといえばJavaのフレームワークです。スキルセットに加えるべき基本のフレームワークをいくつかおさえておけばJavaエンジニアの仕事をするにはひとまず困りませんが、更なるレベルアップを目指すなら、基本のフレームワーク以外のツールもチェックしておく必要があります。

Java以外のJVM言語

GroovyやScalaはJavaとの親和性が高いプログラミング言語で、別の言語でありながら双方のメゾットを呼び出すことができます。この特徴を生かせば、GroovyやScalaのライブラリやツールをJavaと一緒に使えるようになります。Java関連のツールから外に出ることによって技術的な選択肢を増やすことができるのは、開発者にとって大きなメリットだといえるでしょう。テストフレームワークのSpookは、テストに失敗した際の詳細な情報を知ることができたり、テスト用のデータを準備できたりするなど、テストコード作成に便利なツールとして人気があります。

JSONパーサー

Webアプリ開発でよく使われるのが、JSONというデータフォーマットです。JSONを使用する理由は、サーバーとクライアントのやり取りや複数のアプリ間でのやり取りがプログラミング言語や開発環境の違いに左右されずにできることです。つまり、JSONパーサーを使用すれば、JavaのオブジェクトとJSONの文字列を変換できるということです。定番は、Java EEやSpring Frameworkで採用されている「Jackson」や、Googleが開発した「Gson」です。

テストカバレッジツール

網羅された条件がテストでどれだけ実行できたかをパーセンテージで表したものがテストガバレッジです。テストガバレッジの数値が高ければ高いほどテストされている箇所が多いということです。ガバレッジを分析することで、システムの品質をさらに向上させるためのヒントを得ることができます。単体でテストを行うならば、「JUnit」を使用すればガバレッジを測ることができますが、結合テストや手動のテストとなると別のテストガバレッジツールが必要です。「JaCoCo」や「Cobertura」などのテストガバレッジツールなら、手動によるテストの際にもガバレッジの測定や分析ができます。

人気の記事はこちら!

  • 頼れる存在フリーランスエージェント

    フリーランスサポートを専門にしているエージェントはフリーランスのJavaエンジニアにとって頼りになる存在です。エージェントに案件探しや契約に関することを任せることで、時間をもっと有効に使えるようになります。

  • 開発に不可欠なフレームワークという存在

    フレームワークは、現在のシステム開発において必要不可欠な存在です。フレームワークがあることによって作業が大幅に効率化されるというメリットがある反面、効率化されすぎてエンジニアの技術力が育ちにくいというデメリットもあります。

  • Javaプログラマーのスキルセット

    Javaプログラマーのスキルセットに含めたいのが、Javaに関する知識やWebアプリ開発に必要な知識、データベースやフレームワークに関する知識です。応用力を強化するためにも、基礎部分はしっかりと構築しておきましょう。

FEATURE

  • 年齢・案件頻度・担当者の対応差に注意
  • 頼れる存在フリーランスエージェント
  • 更なる高みを目指すためのツール!